• ※情報がありません
  •  
左へ
右へ
一覧へ
#京大の先生の推し本
西洋古典名言名句集
ニュースメール
SNS
西洋古典叢書
学術選書
新・動物記
生態人類学は挑む
科学論文の英語用法百科
近代社会思想コレクション
プリミエ・コレクション
地域研究シリーズ
環境人間学と地域

新着ニュース

2024/05/17
『自己否定する主体:一九三〇年代「日本」と「朝鮮」の思想的媒介』の著者,郭旻錫先生と当研究について「京都新聞」5月17日付朝刊文化面に紹介記事が掲載されました。
2024/04/24
デビッド・L・デンリンガー/沼田英治・後藤慎介訳『昆虫の休眠』の書評が日本動物学会サイトに掲載されました。
2023/12/06
小浜正子・落合恵美子編『東アジアは「儒教社会」か?:アジア家族の変容』が「中国研究月報」第77巻第11号で紹介されました。
2023/12/06
林采成・武田晴人編『企業類型と産業育成:東アジアの高成長史』が「中国研究月報」第77巻第11号で紹介されました。
2023/11/28
松本博之・関根康正編『岩田慶治を読む:今こそ〈自分学〉への道を』が「宗教研究」第97巻第3輯で紹介されました。
2023/11/22
金悠進著『ポピュラー音楽と現代政治:インドネシア 自立と依存の文化実践』が「ソシオロジ」第68巻第2号で紹介されました。
2023/11/21
小田なら著『〈伝統医学〉が創られるとき:ベトナム医療政策史』(地域研究叢書)が,第21回東南アジア史学会賞を受賞することとなりました.小田先生おめでとうございます.
2023/11/01
杉村和彦・鶴田格・末原達郎編『アフリカから農を問い直す:自然社会の農学を求めて』が,2023年度地域農林経済学会特別賞を受賞しました.
2023/10/31
今村薫編『中央アジア牧畜社会:人・動物・交錯・移動』が「史学雑誌」第132編第9号で紹介されました。
2023/10/26
10月13日付「The Daily Jakarta Shimbun」連載コラム「モナスにそよぐ風」で,金悠進著『ポピュラー音楽と現代政治:インドネシア 自立と依存の文化実践』(地域研究叢書)の紹介が掲載されました。
2023/10/24
10月24日付「京都新聞」朝刊に,好評『新・動物記シリーズ』について,編者・西江仁徳先生の取材記事が掲載されました。
top