ホーム > 新着ニュース一覧
2021/12/03
土屋由香著『文化冷戦と科学技術:アメリカの対外情報プログラムとアジア』が『アメリカ研究』No.207(2021年11月号)で、紹介されました。評者:吉本秀子氏
2021/11/09
村川淳著『浮島に生きる:アンデス先住民の移動と「近代」』(プリミエ・コレクション)が,日本村落研究学会研究奨励賞を受章しました。村川先生,おめでとうございます。
2021/11/02
木村光著『発酵学の革命:マイヤーホッフと酒の旅』(学術選書)の書評が,『化学と生物』Vol.59 No.11に掲載されました。
2021/11/02
『週刊朝日』2021年11月12日号「今週の一冊」で、阿曽沼克弘著『歌う外科医、介護と出逢う:肝移植から高齢者ケアへ』(学術選書)が紹介されました。評者:後藤正治氏
2021/10/25
『タイ民主化と憲法改革:立憲主義は民主主義を救ったか』(地域研究叢書)により,外山文子先生が,第19回東南アジア史学会賞受賞者に選ばれました.外山先生おめでとうございます.
2021/10/22
サンドラ・シャール著『『女工哀史』を再考する:失われた女性の声を求めて』の書評が,『大原社会問題研究所雑誌』N0.757に掲載されました。
2021/10/22
『しんぶん赤旗』2021年10月17日付読書面で、坂巻哲也著『隣のボノボ:集団どうしが出会うとき』(新・動物記)が紹介されました。評者:間宮利夫氏
2021/10/08
『中央公論』2021年11月号に,坂巻哲也著『隣のボノボ:集団どうしが出会うとき』(新・動物記)の著者インタビューが掲載されました。
2021/09/22
本日9/22付『京都新聞』朝刊で,松田文彦・今西純一・中嶋節子・奈良岡聰智編著『清風荘と近代の学知』が紹介されました。
2021/09/21
水野広祐著『民主化と労使関係:インドネシアのムシャワラー労使紛争処理と行動主義の源流』(地域研究叢書)が,『アジア経済』Vol.62 No.5で紹介されました。
2021/09/19
『読売新聞』2021年9月19日付朝刊で、竹内剛著『武器を持たないチョウの戦い方:ライバルの見えない世界で』(新・動物記)が紹介されました。評者:中島隆博氏
2021/09/17
錦織宏・三好沙耶佳編『指導医のための医学教育学:実践と科学の往復』が,『医学教育』52巻4号で紹介されました。
2021/09/17
『Tarzan(ターザン)』2021年8/26号 No.816に、『フェティシズム研究』(全3巻)の編者・田中雅一氏と朝井リョウ氏の対談「フェティシズムって何だ?」が掲載されました。
2021/09/15
千葉知世著『日本の地下水政策:地下水ガバナンスの実現に向けて』が,この度,2021年度水文・水資源学会 学術出版賞の受賞作に選ばれました。千葉先生,おめでとうございます。
2021/09/10
『週刊読書人』2021年9月10日付で、竹内剛著『武器を持たないチョウの戦い方:ライバルの見えない世界で』(新・動物記)が紹介されました。
2021/09/02
小浜正子著『一人っ子政策と中国社会』が,『ジェンダー研究』第24号で紹介されました。
2021/08/30
『毎日新聞』2021年8月29日付朝刊京都「読書之森」で、齋藤美保著『キリンの保育園:タンザニアでみつめた彼らの仔育て』(新・動物記)が紹介されました。
2021/08/26
小川侃編『梅原日本学の源流』について,『京都新聞』2021年8月26日付朝刊文化面に,編者インタビュー記事が掲載されました。
2021/08/23
『朝日新聞』2021年8月21日付朝刊読書面「ひもとく 翻訳を生きる4」で、プラトン『パイドロス』(脇條靖弘訳; 西洋古典叢書)が紹介されました。
2021/08/17
『プレジデント』2021年9.3号に,チャールズ・H・ラングミューアー、ウォリー・ブロッカー著/宗林由樹訳『生命の惑星:ビッグバンから人類までの地球の進化(上)(下)』(学術選書)の書評が掲載されました。
このページの先頭へ