Home > Book Detail Page

新・動物記

アザラシ語入門

水中のふしぎな音に耳を澄ませて

水口 大輔

四六並製, 208 pages

ISBN: 9784814004393

pub. date: 10/22

  • Price : JPY 2,000 (with tax: JPY 2,200)
  • In Stock
 
  • mixiチェック

内容

「映画の効果音みたい!」初めて聞く人は必ず驚くというほど、アザラシが水中で出す音はふしぎで多様である。氷の下で鳴くアザラシが、その音をどんな時にどんな意味で使っているのかは、いまだ海のように深い謎に包まれている。水族館に通い詰め、流氷の海に繰り出し、幾多の困難を乗り越えて「アザラシ語」の解明に挑んだ著者の奮闘記。憧れのクラカケアザラシの鳴く姿は見られるのか?!

プロフィール

水口大輔(みずぐち だいすけ)
石川県出身。高校時代、同級生(初対面)からの誘いを断りきれず合唱部に入り、その後7年間ほど合唱を続けた。音に関わる生活を続けたためか、動物の行動の中でも音声を使ったコミュニケーションに興味を持ち、様々な動物を対象に研究をおこなってきた。 2016年、京都大学大学院博士後期課程修了(博士(理学))。北海道区水産研究所・任期付き研究員(トドの研究)、韓国脳研究院研究員(歌う鳥の研究)を経て、2022年1月よりPST株式会社に研究員として勤務(ヒトの声の研究) 。

目次

巻頭口絵
はじめに

1章 謎だらけのアザラシ語
 1 ダニからアザラシへ
   北の大地へ
   北海道でのフィールドワーク
   ケモチダニの研究
   アザラシの変わった形態
   アザラシの水中音
 2 クラカケアザラシとの出会い
   まんまるゼミ
   初めての野生アザラシ
   フィールドワークに必須なもの、車
   北海道から京都へ

2章 アザラシ研究武者修行
 1 アザラシを知る
   水族館調査ことはじめ
   何もしないアザラシ
   アザラシの水中行動
   とっかりセンターでのボランティア
 2 フィールド調査を学ぶ
   アメリカでぶち当たった言葉と経験の壁
   【修行その1】オリンピック半島での海棲哺乳類調査
   【修行その2】マクニール島でのゼニガタアザラシ調査
   【修行その3】北極圏の録音データ解析

3章 【基礎編】いろいろなアザラシ語
 1 水中録音に至るまでの試行錯誤
   マイクは食べ物
   初めての水中録音
   電池は消耗品
 2 小さなギャング、ワモンアザラシ
   一にケンカ、二にケンカ
   ワモンアザラシに春が来た
   「行動」を記載することの難しさ
   低い音ほどモテるのか?
   正体不明のクリック音
 3 おだやかに、ただ我が道を行くアゴヒゲアザラシ
   鳴いているのは誰だ⁉
   貴重なメスの発声行動
   アザラシの落とし物
   歌うオスのアゴヒゲアザラシ
   雌雄間のデュエット
   野外データとの比較
   【番外編1】鳴くオス、鳴かないオス
   【番外編2】夜に鳴くアザラシ、秋に鳴くアザラシ
 4 まったく鳴かないクラカケアザラシ
   待てど暮らせど音は録れず
   鳴かないのにも訳がある?
 5 音以外の気になる行動、生態
   食べ物の話
   ワモンアザラシの高速スピン
   アザラシの泡利用
   パーソナルスペースと寄生虫
   【番外編】水族館でのお客さんとのやり取り

4章 【実践編】野生アザラシの声を聞く
 1 知床調査ふたたび
   念願のオスのクラカケアザラシ
   ノイズとの闘い
 2 クラカケアザラシの方言
 3 音を学習する能力
 4 アザラシの音か海氷ノイズか?

5章 音でアザラシを見る、守る
 1 アラスカ海洋科学シンポでの一幕
   基礎研究と応用研究  
   「52ヘルツ」だけじゃない、孤独な海棲哺乳類たち
   ヒトの感覚器最強説
 2 音響モニタリングの世界へ
   アザラシの音から「見える」もの
   音でアザラシは数えられるか?
 3 湖に棲むアザラシの保全活動
   湖で暮らす希少なアザラシ
   呼吸穴とワモンの回転

6章 アザラシ語の楽しみ方
 1 アザラシの音声コミュニケーションとヒトの言葉
   アザラシの音声とヒト言語の相違点
   アザラシ語を定義する
 2 アザラシ語を比べる

Column 1 アザラシ、アシカ、セイウチの見分け方
Column 2 本書で取り上げるアザラシ類の基本情報

あとがき
著者のおすすめ読書案内
参考文献
索 引
このページの先頭へ