新刊この1冊
近代日本の地域工業化と下請制

橋口 勝利

税込 3,780円

日本の工業化を担った三つの主人公、すなわち、企業投資や経営者として活躍した地域商人、その彼らと「下請」という有機的・動的な関係を結ぶ中、市場に機敏に対応した産地工場、そして現場で要になった、農家労働から切り離され労働者へと変化した女性たち。彼らの主体的な活動を分析することで、工業化の形と要因を斬新な視点で描き出す。

もっと詳しく


Topics
2017/02/21 【書評】
釜井俊孝著『埋もれた都の防災学:都市と地盤災害の2000年』(学術選書)が、2月19日付『毎日新聞』「今週の本棚」で紹介されました。
2017/02/06 【書評】
大園享司著『カナディアンロッキー:山岳生態学のすすめ』(学術選書)が「日本生態学会ニュースレター」No.41で紹介されました。
2017/02/06 【紹介】
山元宣宏著『古代書体論考』と成田健太郎著『中国中古の書学理論』が2月1日付「書道美術新聞」で紹介されました。
2017/02/02 【紹介】
小松幸平著『集成材:〈木を超えた木〉開発の建築史』が「新建築」2月号で紹介されました。
2017/01/27 【紹介】
白石麻保著『計画経済の実証分析:中国の経済開発』が「経済セミナー」2・2月号で紹介されました。
2017/01/26 【書評】
大石高典著『民族境界の歴史生態学:カメルーンに生きる農耕民と狩猟採集民』(プリミエ・コレクション)が「地理」2月号で紹介されました。
2017/01/26 【書評】
釜井俊孝著『埋もれた都の防災学:都市と地盤災害の2000年』(学術選書)が「地理」2月号で紹介されました。
2017/01/13 【紹介】
山元宣宏著『古代書体論考』が「宮崎日日新聞」1月8日付 読書面で紹介されました。
2017/01/05 【書評】
河合香吏編『他者 人類社会の進化』が「霊長類研究」Vol.32 No.2で紹介されました。
2016/12/19 【書評】
馬欣欣著『中国の公的医療保険制度の改革』が「アジア経済」Vol.57 No.4で紹介されました。
2016/11/29 【書評】
石川真由美編『世界大学ランキングと知の序列化:大学評価と国際競争を問う』が「IDE現代の高等教育」2016年12月号で紹介されました。
2016/11/09 【書評】
國司航佑著『詩の哲学:ベネデット・クローチェとイタリア頽廃主義』(プリミエ・コレクション)が「イタリア學會誌」第66号(2016年)で紹介されました。

既刊 Pic UP!
科学論文の英語用法百科 第2編
冠詞用法

グレン・パケット 著 

税込 2,808円

本書を推薦します

◉山極壽一氏(京都大学総長)
私のような,ゴリラの個体や個別の行動を問題にする研究の場合,英語論文を書く際に,物事を特定する冠詞選びを間違うと,読者に大きな誤解を与えることになります.ところが日本人にとって,一番難しいのがこの冠詞なのです.なぜこの語にtheが付くのか付かないのか,英米人には直感的に分かるらしいのですが,いくら英語上級者といえども,日本人にはなかなか理解出来ません.本書は,小林-益川のノーベル賞論文で名高い理論物理学誌の校閲者として,非英米人の英語を添削してきたパケット氏の豊富な経験に基づいて,そもそもの英語の考え方から説明する,とても本質的で実用的な本です.ぜひ,本書を活用して,誤解のない英語論文を書いていきたいものです.

◉佐藤文隆 氏(京都大学名誉教授)
日本の科学論文の英文校正を長年手がけた米国の物理学者による5巻本の第2編であるが,「誤り」の3〜5割が冠詞だという.近年の論文急増の国際的な競争の場で読者の目を捉えるには,正確な簡明さが求められる.そのためには誤解を与えない冠詞や代名詞の使い方が不可欠だ.近代科学を育んだ欧州語と違って冠詞のない日本語での表現者には最も不得意なテーマだが,その克服法を多くの誤用例を示して指南する.加算–不加算,物体–物質,普通の物質–普遍体–理想といった哲学めいた概念論から,想定読者を意識した言葉の同定法,果ては誤解を与えない謝辞の書き方まで,あくまで科学論文作成の指南に徹しているが,一つの日本人論にも読める.

◉青木 薫 氏(翻訳家)
日本語ネイティブにとって冠詞は鬼門だ.パケット氏がこれまでに校閲された膨大な英文において,誤りの3割から5割ほどもが冠詞用法の間違いだという.冠詞はかくも分厚い壁なのだ.この壁を乗り越えるためには,断片的な「冠詞の使い方」をつまみ食いしてもダメで,総体的な「冠詞的世界観」を知る必要がある.本書はまさにその冠詞ワールドを,日本語ネイティブのためにつぶさに見せてくれる本である.私は本書を読んでようやく隅々まですっきりした.英語を書かなければならない人だけでなく,英語を読む人にも本書をお薦めする.高い精度で英文を読み取るためには,冠詞に通じることが必須だからである.

もっと詳しく



新刊 発売中

環世界の人類学
南インドにおける野生・近代・神霊祭祀
石井 美保
税込 5,400円

西洋古典叢書 G098
ギリシア詞華集4
沓掛 良彦 訳
税込 5,292円

再生可能エネルギー政策の国際比較
植田和弘・山家公雄 編
税込 3,780円

近代日本の地域工業化と下請制
橋口 勝利
税込 3,780円

地域研究叢書 31
カンボジア農村に暮らすメマーイ(寡婦たち)
貧困に陥らない社会の仕組み
佐藤 奈穂
税込 3,996円

環境人間学と地域
理想の住まい
隠遁から殺風景へ
オギュスタン・ベルク/鳥海基樹 訳
税込 6,480円

学術選書078
文化資本論入門
池上 惇
税込 1,944円

変容する親密圏/公共圏 12
せめぎ合う親密と公共
中間圏というアリーナ
秋津元輝・渡邊拓也 編著
税込 4,536円

経済論叢 第190巻 第4号
京都大学経済学会 編
税込 2,570円

プリミエ・コレクション 83
平沼騏一郎と近代日本
官僚の国家主義と太平洋戦争への道
萩原 淳 著
税込 5,940円

二十世紀研究 第17号(2016年)
二十世紀研究編集委員会 編
税込 2,160円

計画経済の実証分析
中国の経済開発
白石 麻保 著
税込 4,104円

京都大学健康市民講座
Q&A生活習慣病の科学Neo
中尾 一和 編
税込 2,052円

メルコ管理会計研究 第9号─Ⅰ
メルコ学術振興財団 編
税込 2,160円

古代書体論考
山元 宣宏
税込 3,888円

東アジア高度成長の歴史的起源
堀 和生 編
税込 5,184円

近刊

2017/03
学術選書 079
マングローブ林
小見山 章
税込 2,160円

2017/03
プリミエ・コレクション 82
中世の〈遊女〉
辻 浩和
税込 4,104円

2017/03
現代人のための放射線生物学
小松 賢志
税込 3,780円

2017/03
同期現象の科学
蔵本由紀・河村洋史 著
税込 4,104円

2017/02
東南アジアの住居
布野修司、田中麻里、チャンタニー・チランタナット、ナウィット・オンサワンチャイ
税込 8,100円

2017/02
法の支配と対話の哲学
丸橋 裕
税込 5,832円

2017/02
ボディントン家とイギリス近代
川分 圭子
税込 6,480円

2017/02
中世ヴェネツィアの家族と権力
高田 京比子
税込 4,428円

2017/02
Kyoto CSEAS Series on Asian Studies 18
Moral Politics in the Philippines
Wataru Kusaka
税込 5,184円