ホーム > 書籍詳細ページ

京都大学百二十五年史 通史編

京都大学百二十五年史編集委員会 編

A5上製・502頁

ISBN: 9784814004560

発行年月: 2023/01

  • 本体: 3,000円(税込 3,300円

2月初旬発売予定

 
  • mixiチェック

内容

知の「自由」に危機が訪れた今、それぞれの岐路と軌跡を刻銘に記録し、次の百五十年、二百年へと向かう。創設期の模索、戦時体制、大学紛争と新時代への転換。創立から今日までを三編に区分して叙述する通史編。 *資料編は京都大学学術リポジトリKURENAI にて公開中。

目次

 序文 京都大学総長 湊 長博
 序文 京都大学百二十五年史編集委員会第二代委員長 平井明成
 図表一覧
 写真一覧
 凡例

第一編 京都帝国大学
第一章 創立期
 第一節 創立経緯
  設置を求める動き
  設置構想の変遷(一)
  設置構想の変遷(二)
 第二節 創立
  創立
  理工科大学・法科大学・医科大学・文科大学
  図書館
 第三節 各種制度設計
  帝国大学としての諸制度
  通則
  学位と大学院
  法科大学における改革
  大学自治をめぐって
  帝国大学特別会計法
  キャンパスの整備
 第四節 学生生活
  寄宿舎
  運動会
  生活の諸相

第二章 模索期
  一九〇八~一九一八年の概観
 第一節 沢柳事件前後
  岡田総長退職事件
  岡村教授の譴責処分
  沢柳総長就任と七教授辞職
  法科大学による抗議と奥田文相の裁定
  後任総長問題
 第二節 制度・組織改編などの動き
  分科大学改編
  学制改革案への対応
  キャンパスの整備
 第三節 学生生活
  以文会・学友会
  学生関連施設新築と寄宿舎移転
  政治運動に対する統制

第三章 整備期
  一九一九~一九三二年の概観
 第一節 制度改革
  大学令・改正帝国大学令
  総長選挙
  学年暦改定と卒業式廃止
  教授停年制導入
  学位制度改正
 第二節 学部・附置研究所などの設置・整備
  経済学部
  農学部
  化学研究所と遠隔施設
  キャンパスの整備
 第三節 学生生活と思想問題
  生活の諸相
  スポーツ・文化活動
  軍事教練
  京都学連事件
  河上教授の辞職
  尖鋭化する学生運動

第四章 戦時期
  一九三三~一九四五年の概観
 第一節 滝川事件
  発端
  京大側の対応
  休職処分発令から法学部教員辞職表明まで
  「小西解決案」と他学部・学生などの動き
  「松井解決案」
  その後
 第二節 戦時体制下の諸動向(一)
  満蒙との関わりと教学刷新への対応
  スポーツ・学生生活
  キャンパスの整備
  「粛学」と浜田総長の死去
  荒木文相による制度改革要求
 第三節 戦時体制下の諸動向(二)
  制度改革の議論
  附置研究所・臨時附属医学専門部の設置
  戦時下の儀式・行事
  学生生活
  在学年限短縮
  徴集延期停止
  学生たちの入隊
  研究活動
 第四節 敗戦前後
  勤労動員
  戦争末期の状況
  敗戦への対応
  教員の復帰・辞職・追放

第二編 京都大学
第一章 新制発足期
  一九四六~一九五五年の概観
 第一節 戦後高等教育改革
  女子学生入学
  六・三・三・四制と学校教育法
  大学基準
  「京都帝国大学」から「京都大学」へ
  官立高等教育機関の統合と国立学校設置法
  大学管理問題
 第二節 新制京都大学発足
  創立五十周年記念行事
  第三高等学校との合同交渉
  認可申請と発足
 第三節 各種体制整備
  分校
  教育学部
  附置研究所の設置・改編
  大学院と学位
  学長選考
  職員組合・生活協同組合
  キャンパスの整備
 第四節 学生生活
  敗戦直後の状況
  学生運動
  生活の諸相

第二章 拡大期
  一九五六~一九六九年の概観
 第一節 高度経済成長下の拡大
  理工系拡充政策
  薬学部
  附置研究所・センターなどの設置
  教養部
  総長選考基準の改正
  創立七十周年記念事業
  キャンパスの整備
 第二節 学生生活
  生活の諸相
  一九六〇年前後の学生運動
  寮をめぐる諸問題
 第三節 大学紛争
  全国的動向
  一九六七・一九六八年の状況
  学生部建物封鎖
  入試実施まで
  長期化
  時計塔封鎖解除

第三章 再編期
  一九七〇~一九九〇年の概観
 第一節 諸問題への対応
  一九七〇~一九七二年の状況
  竹本処分問題(一)
  総長選考基準の改正
  竹本処分問題(二)
 第二節 教育・研究体制の再編
  中央教育審議会答申・臨時教育審議会答申
  センターなどの設置
  教養部改革の動向
  入試改革への対応
  国際交流
  学術研究の公開
  情報基盤の整備
  キャンパスの整備と新キャンパス問題
 第三節 学生生活
  生活の諸相
  寮問題

第四章 改革期347
  一九九一~二〇〇三年の概観
 第一節 大学改革(一)
  大学設置基準の大綱化
  大学院人間・環境学研究科と総合人間学部
  教養教育
  独立研究科と大学院重点化
  センターなどの設置・改編
  自己点検・評価
  創立百周年記念事業
 第二節 大学改革(二)
  法人化の動き
  管理運営制度の改編
  桂キャンパス
  基本理念・環境憲章
  二一世紀COEプログラム
  国際交流
  社会連携と広報
  キャンパスの整備

第三編 国立大学法人京都大学
第一章 法人化
 第一節 各種体制整備
  国立大学法人法
  中期目標・中期計画
  専門職大学院
  社会連携と広報
  男女共同参画
  研究所・センターなどの設置・改編
 第二節 諸改革の実施
  総長選考
  先端的研究拠点
  入試改革
  教養・共通教育
  白眉プロジェクト
  博士課程教育リーディングプログラム
  国際戦略の策定

第二章 現在
  総長選考
  WINDOW構想
  指定国立大学法人
  各種の取組
  新型コロナウイルス感染拡大への対応
  総長選考と創立百二十五周年記念事業


 編集後記
 参考文献一覧
 索引(事項・人名)
このページの先頭へ