学術選書052
イスラーム革命の精神

嶋本 隆光

四六並製・246頁・税込 1,944円
ISBN: 9784876988525
発行年月: 2011/04
在庫あり

内容

1979年のイラン・イスラーム革命については、新聞紙上の喧しい報道にもかかわらず、革命後の今日においても定まった評価は得られていない。イスラーム革命の精神を支える思想的基盤を確立したのは、ホメイニー師の愛弟子で凶弾に倒れたモルタザー・モタッハリー(1920-79)である。イランでは英雄視されながらわが国ではまったく無名である哲学者の思想を紹介しながら、イスラーム主義の本質を明らかにする。

目次

口絵
はじめに

第1章……イスラーム革命とアメリカ
       ——革命の背景
第2章……ホメイニーの愛弟子
       ——モルタザー・モタッハリーの生涯
第3章……神の公正とは何か
       ——イスラームの神義論
第4章……近代西洋唯物主義批判
       ——無神論との対決
第5章……史的唯物論とイスラーム的世界観
       ——物質と精神の均衡の模索
第6章……自己を知ること
       ——イスラーム的「完全な人間」
第7章……イスラーム的民主主義とは何か
       ——近代西洋的価値への挑戦

おわりに
各章の初出一覧
付録——イスラームの用語と主要な人物/モタッハリー略年表
索引

プロフィール

嶋本 隆光(しまもと たかみつ)

1951年生まれ.
大阪外国語大学ペルシア語学科卒業.
UCLA歴史学科大学院修了.
現在,大阪大学教授
専攻はイスラーム現代思想で,イスラームのシーア派に関する日本でも有数の研究者である.

【主な著訳書】
『シーア派イスラーム 神話と歴史』(学術選書,京都大学学術出版会)
『人々のイスラーム—その学際的研究』(共著,日本放送出版協会)
『岩波講座 世界歴史21 イスラーム世界とアフリカ』(共著,岩波書店)
『イスラームを学ぶ人のために』(共著,世界思想社)
『イスラームの商法と婚姻法』(翻訳,大阪外国語大学学術研究叢書)
『イスラームの祭り』(監訳,イスラーム文化叢書)法政大学出版局
その他,イランのイスラームに関する論文多数.