Kyoto Area Studies on Asia 14
Living on the Periphery
Development and Islamization among the Orang Asli

NOBUTA Toshihiro

B5変上製・323頁・税込 6,480円
ISBN: 9784876984657
発行年月: 2008/02
記述言語: 英語
在庫あり

書評

Asian Anthropology Vol.7, 2008,
171-174頁、評者:A. Baer

内容

国教イスラームへの改宗と「同化政策」を強力に進めるマレーシア。「森の民」として汎神論的世界に生きてきた先住民オラン・アスリは、その中で、どのようにして、アイデンティティを守ろうとしているのか。その生き様は、文化/宗教的な覇権争いとと経済開発が結びつく現代世界に共通する問題を鮮やかに象徴している。

目次

List of Figures
List of Tables
List of Plates
Shortened forms
Preface

Prologue

Part I: An Outline of the Orang Asli

1 Forest, Development and Islamization
2 Orang Asli History and Policy

Part II: Life-World of Kampung Durian Tawar

3 Landscape
4 Village History
5 Social Relationship
6 Economic Relationship
7 Developing the Forest

Part III: Living with Islamization

8 The Taboo of Incest
9 Politics of Incorrect Marriage
10 Conversion and Resistance
11 Islamic Mission
12 Conclusion

Appendix 1: Kinship Group Characteristics
Appendix 2: Principal Individuals

Notes
Bibliography
Inde