生態学ライブラリー10
大雪山のお花畑が語ること
高山植物と雪渓の生態学

工藤 岳

四六上製・232頁・税込 2,268円
ISBN: 9784876983100
発行年月: 2000/08
在庫あり

内容

様々な草木が美しく咲き競う夏山のお花畑.しかしそこは1年の大半を雪で覆われ,短い夏のあいだも,激しい風雨にさらされたり,暑い昼と寒い夜の繰り返す,極めて苛酷な世界である.そんな場所で植物たちはいかに生き抜いているのだろうか.可憐な花々の意外なしたたかさを鮮やかに描き出す.

目次

はじめに
第一章 雪解け時期の違いが高山の環境を形づくる——風衝地と雪田
1 初めての調査
2 風衝地と雪田という環境
3 雪解け傾度の生態学的役割
第二章 まず植生パターンを見てみた——雪解け傾度と植物の分布
1 高山帯と高山植物群落
2 雪解け傾度と種の分布
3 大雪山の人と生活
第三章 お花畑は動いている——開花・結実のスケジュール
1 高山植物とフェノロジー
2 お花畑の花暦
3 気温変化が作り出す開花パターン
第四章 花粉媒介を巡る植物と昆虫の相互作用——高山植物の繁殖生態学
1 キバナシャクナゲの開花時期と結実成功
2 訪花昆虫の季節性と植物の繁殖特性
3 両性花の性分配変異
4 繁殖を巡る種間相互作用
5 発芽の生態学
第五章 どんな葉っぱを作れば良いのか——葉っぱの生態学
1 葉っぱの寿命の延びるわけ
2 個葉特性の相互関係
3 落葉性と常緑性と窒素と寿命
第六章 山の上での温室実験——高山植物と温暖化
1 一通の招待状
2 二人で始めた国際プロジェクト
3 そして得られた結果
第七章 季節のない世界へ——熱帯高山植物の開花スケジュール
1 キナバル山での一斉開花
2 熱帯高山植物の開花パターン
おわりに
読書案内
引用文献
索  引

プロフィール

工藤 岳(くどう がく)

北海道大学大学院地球環境科学研究科助教授.
1962年 東京都に生まれる.
1991年 北海道大学大学院環境科学研究科博士課程修了,日本学術振興会特別研究員,新技術事業団科学技術特別研究員,北海道大学大学院地球環境科学研究科助手を経て現職.
専 門
 植物生態学.
主 著
 『生態学から見た北海道』(東正剛・阿部永・■井達一編,分担執筆,北海道大学図書刊行会,1993),『高山植物の自然史』(工藤岳編著,分担執筆,北海道大学図書刊行会,2000),など.