生態学ライブラリー8
オサムシの春夏秋冬
生活史の進化と種多様性

曽田 貞滋

四六上製・248頁・税込 2,268円
ISBN: 9784876983087
発行年月: 2000/11
在庫なし

書評

『生物科学』第54巻1号、評者:鈴木邦雄氏

内容

昆虫は多様な生活様式を進化させて、地球上のさまざまな環境に滲出していった。本書では、温帯域に広く分布する甲虫の一群・オサムシ類が、種によって季節の変化にどのように異なった応答をしているか考えることで、生活様式の違いがかれらの進化と分布拡大に果たした役割を解き明かす。

目次

はじめに
一 季節適応の分化──春繁殖と秋繁殖
1 京都盆地の二種のオサムシ
2 食性のちがい
3 休眠性と生活史の制御
4 季節的生活史と個体群動態
二 生活史の地理的変異──寒冷地への適応
1 山地のオサムシの生活史──金剛山と京都の低山帯
2 亜高山帯・高山帯での生活史──中部山岳地域のオサムシ
3 歩行虫の寒冷地適応
4 高地に棲む──マルハナバチの場合
5 オサムシの分布拡大と生活史
三 生活史の多様性
1 オサムシ亜族の上位分類群
2 食性と季節利用からみた生活史の多様性
3 地域的な生活史構成──日本とイタリア
4 生活史の多様性とニッチ分割
四 系統進化と生活史進化
1 オサムシ亜族とその姉妹群
2 オサムシ亜族の系統進化と生活史進化
3 温帯の歩行虫の進化史
4 ハンミョウ類の生活史
5 生活史の進化と種の多様化
五 さらなる多様化──オサムシの進化の謎に迫る
1 日本列島で分化したオオオサムシ亜属
2 遺伝子の系統樹から進化をたどる
3 どのように形態の多様化が起こるのか?
本書にでてくるオサムシ以外の亜族以外の歩行虫類の学名一覧
本書にでてくるオサムシの和名・学名一覧
読書案内
引用文献
索  引