西洋古典叢書G080
悲劇全集2

エウリピデス/丹下和彦 訳

四六上製・496頁・税込 4,536円 月報102
ISBN: 9784876982912
発行年月: 2013/09
在庫あり

内容

テバイ攻め戦死者の遺体収容・埋葬というテーマを敗者アルゴス側の視点から捉えた『嘆願する女たち』,コンプレックスにもその名を残す娘をヒロインに,共通する素材を劇化しながらも先輩二詩人とはまったく異なった母クリュタイメストラ像を描出してみせる『エレクトラ』に加え,『アンドロマケ』,『ヘカベ』の4篇を収録.[全5冊]

目次

アンドロマケ
ヘカベ
嘆願する女たち
エレクトラ

 作品解説
 参考文献表

プロフィール

丹下和彦(たんげ かずひこ)
関西外国語大学教授、大阪市立大学名誉教授
一九四二年 岡山市生まれ
一九七〇年 京都大学大学院文学研究科博士課程中退
二〇〇五年 京都大学博士(文学)
和歌山県立医科大学教授、大阪市立大学教授を経て現職

主な著訳書
『ギリシア悲劇全集』5・6巻(共訳、岩波書店)
『ギリシア悲劇全集』別巻(共著、岩波書店)
『ギリシア悲劇研究序説』(東海大学出版会)
カリトン『カイレアスとカッリロエ』(国文社)
『女たちのロマネスク──古代ギリシアの劇場から』(東海大学出版会)
アルクマン他『ギリシア合唱抒情詩集』(京都大学学術出版会)
『旅の地中海──古典文学周航』(京都大学学術出版会)
『ギリシア悲劇──人間の深奥を見る』(中公新書)
『ギリシア悲劇ノート』(白水社)
『ギリシア喜劇全集』3・8巻(共訳、岩波書店)
『ギリシア喜劇全集』別巻(共著、岩波書店)
『食べるギリシア人──古典文学グルメ紀行』(岩波新書)
エウリピデス『悲劇全集1』(京都大学学術出版会)