西洋古典叢書
英雄伝2

プルタルコス/柳沼重剛訳

四六変上製・448頁・税込 4,104円 月報68
ISBN: 9784876981717
発行年月: 2007/11
在庫あり

内容

ギリシア・ローマの著名な人物を比較しつつ叙述する対比列伝は、作者プルタルコスによれば、戦争や事績を記録する歴史書ではなく、人物の生きざまを活写した伝記集である。本書には、アテナイ民主主義の雄であるペリクレスとハンニバルに遅延戦術で対抗したファビウス・マクシムスとの比較のほかに、3組の政治家を収録する。

目次

ペリクレスとファビウス・マクシムス
 ペリクレス
 ファビウス・マクシムス
 ペリクレスとファビウス・マクシムスの比較
アルキビアデスとコリオラヌス
 アルキビアデス
 コリオラヌス
 アルキビアデスとコリオラヌスの比較
ティモレオンとアエミリウス・パウルス
 ティモレオン
 アエミリウス・パウルス
 ティモレオンとアエミリウス・パウルスの比較
ペロピダスとマルケルス
 ペロピダス
 マルケルス
 ペロピダスとマルケルスの比較
関連地図

プロフィール

柳沼重剛(やぎぬま しげたけ)

筑波大学名誉教授
1926年 東京都生まれ
1949年 京都大学文学部卒業
筑波大学・大妻女子大学教授を経て1999年退職

主な著訳書
『ギリシア ローマ古代知識人群像』(岩波書店)
『西洋古典こぼればなし』(岩波書店)
『語学者の散歩道』(研究者出版)
プルタルコス『食卓歓談集』(岩波文庫)
プルタルコス『英雄伝1』(京都大学学術出版会)
アテナイオス『食卓の賢人たち』1-5(京都大学学術出版会)
『トゥキュディデスの文体の研究』(岩波書店)