西洋古典叢書G039
修辞学論集

ディオニュシオス/デメトリオス 木曽明子他 訳

四六変上製・613頁・税込 4,968円 月報52
ISBN: 9784876981540
発行年月: 2004/08
在庫あり

内容

ハリカルナッソスのディオニュシオスは、古代ギリシア文芸の精髄を抽出することによって、後世の文芸批評への道を開いた。本書は『文章構成法』など流麗にして明快な文体で、ホメロスからアッティカ弁論作家までを論じた修辞学的著作を収録する(本邦初訳)。文芸批評の重要な著作のひとつであるデメトリオス『文体論』も併録する。

目次

ディオニュシオス 修辞学論集・・・・・・・・・・・・木曽明子・戸高和弘 訳

 古代弁論家―序
 リュシアス論
 イソクラテス論
 イサイオス論
 デモステネス論
 文章構成法

デメトリオス 文体論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡辺浩司 訳

    補  註
    解  説
    人名索引・事項索引・引用文献一覧・主要訳語表

プロフィール

木曽明子(きそ あきこ)

大阪大学名誉教授
1936年 満州生まれ
1967年 京都大学大学院文学研究科博士課程修了
大阪大学、北見工業大学教授を経て2002年退職

主な著訳書
The Lost Sophocles ( Vantage Press )
『地域のロゴス』(共著、世界思想社)
M・J・スメサースト『アイスキュロスと世阿彌のドラマトゥルギー』(大阪大学出版会)
デモステネス『弁論集4』(共訳、京都大学学術出版会)
デモステネス『弁論集3』(共訳、京都大学学術出版会)

戸高和弘(とだか かずひろ)

大阪大学非常勤講師
1960年 福岡県生まれ
1991年 大阪大学大学院文学研究科博士課程を経て現在に至る。

主な著訳書
森谷宇一他編著『芸術学フォーラム』第7巻(共著、勁草書房)
『美の変貌―西洋史学への展望―』(共著、世界思想社)

渡辺浩司(わたなべ こうじ)

大阪大学助手
1962年 東京都生まれ
1998年 大阪大学大学院文学研究科修了
大阪歯科大学非常勤講師、大阪市立大学非常勤講師を経て現在に至る。

主な著訳書
森谷宇一他編著『芸術学フォーラム』第7巻(共訳、勁草書房)