西洋古典叢書L011
アレクサンドロス大王伝

クルティウス・ルフス 谷栄一郎・上村健二 訳

四六変上製・501頁・税込 4,536円 月報43
ISBN: 9784876981441
発行年月: 2003/09
在庫あり

内容

ペルシアを滅ぼし欧亜にまたがる大帝国を建てたアレクサンドロスの物語。後1世紀の作品で、当時のローマ人のアレクサンドロス像が反映されている。記述の中に収められている弁論は登場人物を生き生きと描きだし、興味深いエピソードで大王を綴った本書は、すぐれたラテン語読本としても知られている。本邦初訳。

目次

本文の梗概
(第一巻、第二巻の梗概)
第三巻
第四巻
第五巻
第六巻
第七巻
第八巻
第九巻
第十巻

関連地図(本文末に挿入)
解  説
固有名詞索引

プロフィール

谷栄一郎(たに えいいちろう)

奈良県立大学教授
1948年 兵庫県に生まれる
1978年 京都大学大学院文学研究科博士課程修了
1990年 奈良県立短期大学講師、奈良県立商科大学助教授を経て現職

主な著訳書
『ラテン文学を学ぶ人のために』(共著、世界思想社)
『キケロー選集2、4、5』(共訳、岩波書店)
『ローマ喜劇集5』(共訳、京都大学学術出版会)

上村健二(かみむら けんじ)

甲子園大学人間文化学部専任講師
1963年 大阪府に生まれる
1991年 京都大学大学院文学研究科博士課程修了
1997年 現職

主な著訳書
ネポス『英雄伝』(共訳、国文社)
『キケロー選集1』(共訳、岩波書店)
『ローマ喜劇集4、5』(共訳、京都大学学術出版会)