西洋古典叢書G009
自然の機能について

ガレノス 種山恭子 訳 内山勝利 編

四六変上製・268頁・税込 3,240円 月報12
ISBN: 9784876981120
発行年月: 1998/08
在庫あり

内容

ローマ時代のギリシャ人医師ガレノスは、マルクス・アウレリウスによって皇帝の侍医として活躍したが、「自然と造物主のすることで無駄なものは何もない」として医学理論の統一を試みた。本書では、<自然>=ピュシスを生命の力と見て、さまざまな実践的解剖所見を援用しながら、当時の機械論者を論破している。本邦初訳。

目次

第 一 巻
第 二 巻
第 三 巻

  補  註
  解  説
  固有名詞索引・事項索引・身体部位の名称

プロフィール

種山恭子(くさやま きょうこ)

元弘前大学人文学部教授
1931年 京都府生まれ
1960年 京都大学大学院文学研究科博士課程修了
1984年 松蔭女子学院大学教授を経て弘前大学人文学部教授
1995年 死去

主な著訳書
『ティマイオス』プラトン全集(岩波書店)
アリスタルコス『太陽と月の大きさと距離について』世界の名著(中央公論社)
ホワイトヘッド『観念の冒険(抄)』(中央公論社)

内山勝利(うちやま かつとし)

京都大学大学院文学研究科教授
1942年 兵庫県生まれ
1975年 京都大学大学院文学研究科博士課程修了
1993年 関西大学教授、京都大学助教授を経て現職

主な著訳書
R・S・ブロック『プラトン入門』(岩波書店)
『ソクラテス以前哲学者断片集』(編訳、岩波書店)
『神と実在へのまなざし』新・哲学講義(編著、岩波書店)