ホーム > 書籍詳細ページ

西洋古典叢書 G108

アルゴナウティカ

アポロニオス・ロディオス 堀川 宏 訳

四六変上製・408頁

ISBN: 9784814001743

発行年月: 2019/03

  • 本体: 3,900円(税別) 月報137
  • 在庫あり
 
  • mixiチェック

内容

ヘレニズム時代を代表する学匠詩人による叙事詩。世界の東涯の地コルキスにある金羊皮を持ち帰るよう命ぜられたイアソンは、巨船アルゴー号を駆って航海へ乗り出すことになる。彼を助けるべく、その許にはギリシア各地から、オルペウスやヘラクレスをはじめとする多くの英雄たちが参集した。アルゴナウタイ物語の決定版である本作は古来広く愛読され、ローマの詩人らにも大きな影響を与えた。

プロフィール

堀川 宏(ほりかわ ひろし)
京都大学他非常勤講師
1981年 山梨県生まれ
2012年 京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学
2016年 京都大学博士(文学)取得
主な著訳書
『古代ギリシャ語語彙集─基本語から歴史/哲学/文学/新約聖書まで』(共訳、大阪公立大学共同出版会)
『反「大学改革」論─若手からの問題提起』(共著、ナカニシヤ出版)

目次

第一歌
第二歌
第三歌
第四歌

関連地図(本文末に挿入)
 1図 アルゴー船の航海
 2図 参集、出発、帰還
 3図 プロポンティス
 4図 黒海
 5図 アドリア海
解  説
固有名詞索引

月報137
このページの先頭へ