地域研究叢書3
地域研究の問題と方法[増補改訂]オンデマンド
社会文化生態力学の試み

立本 成文

菊並製・400頁・税込 4,752円
ISBN: 9784876989089
発行年月: 2013/02
在庫あり

内容

地域研究は、諸科学の再編成を促す活性剤でなければならない。社会文化生態力学(生態環境・社会制度・文化象徴を有機的に関係づける認識論)と、臨地研究法(地域にもぐり込み・周辺を流離し・高く飛び立ち俯瞰する方法論)をひっさげ、学際的研究を越えた地域研究のあり方を示す。今日の地域研究のあり方を、体系的に示す。

目次

第一部 [起] 地域研究を見直す

第一章 地域研究のあり方
1-1 はじめに
1-2 新しい地域研究
1-3 地域研究者の立場

第二部 [承] 地域研究を考える

第二章 「世界」としての単位
2-1 はじめに
2-2 世界観研究
2-3 主語的分別――枠(分く)の問題
2-4 述語的統合――社会文化生態力学の道標
2-5 地球世界との関わり

第三章 時間と歴史
3-1 はじめに
3-2 変化と歴史
3-3 近代の定位
3-4 おわりに

第四章 臨地研究法
4-1 はじめに
4-2 フィールド・ワークと臨地研究
4-3 出会い
4-4 付き合い
4-5 わかれ
4-6 おわりに

第五章 基底となる世界観の捉え方
5-1 世界観の捉え方
5-2 マレー世界の組み立て
5-3 沈潜の法
5-4 流離の法
5-5 飛翔の法

第三部 [転] 東南アジアを捉える

第六章 地域研究への道程
6-1 はじめに
6-2 人類学からの視座
6-3 地域研究の風景
6-4 畳{たた}なわる景観と地域性

第七章 マレー世界
7-1 マレー世界の二つの捉え方
7-2 マレー人というエスニシティ
7-3 組織原理としての対人主義
7-4 マレー世界の植民地都市

第八章 海域世界
8-1 流動する「農」民
8-2 海域とネットワーク社会
8-3 フロンティアに生きる
8-4 山地をどう見るか

第九章 文化の多様性――異相と多義
9-1 外文明と内世界
9-2 東南アジアにとっての外文明
9-3 文化としての内世界
9-4 現代文化
9-5 附論1 文化統合
9-6 附論2 文献解題(文化)

第四部 [結] 地域研究に期待する

第一〇章 わける・つなぐ・くくる
10-1 地域にこだわる
10-2 東南アジアをくくる
10-3 地域研究でつなぐ

 註
 跋
 増補版あとがき
 索 引