紛争後社会と向き合う
南アフリカ真実和解委員会

阿部 利洋

A5上製・366頁・税込 4,752円
ISBN: 9784876987313
発行年月: 2007/12
在庫あり

受賞

日本アフリカ学会研究奨励賞(2008)
日本社会学会第7回奨励賞(著書の部)

書評

『社会学評論』Vol.60, No.1、158-159頁、第7回日本社会学会奨励賞【著書の部】受賞者「自著を語る」

内容

アパルトヘイト後の南アフリカ社会は、どのような展望と手法をもって和解を目指すのか? 社会による過去への取り組みについて、現地での具体的な知見をベースに包括的な整理を行い、社会的和解概念に新たな分析地点を探る。世界各地の体制移行期における社会的和解の一つの目安たる「真実和解委員会」に関する日本初のモノグラフ。

目次

はじめに
略号一覧

第Ⅰ部 「和解」をめぐる状況
第一章 アパルトヘイトの終焉と社会的な和解
一 紛争の時代と社会的な和解
  1 あいまいな和解のプラグマティズム
  2 現代の紛争と紛争後の社会状況
  3 真実委員会
二 「人種差別の社会」は過去といかに対峙したか——南アフリカ社会における和解の選択
  1 喪失感の告白
    ◎事例1 一九九六年九月四日、ネルスプリット
  2 紛争の背景——アパルトヘイトとは
  3 政権移行期の交渉と和解という選択
第二章 真実和解委員会の制度と活動
一 活動の概略と多様な評価
二 真実和解委員会の制度
  1 基本的な概念はどのように法的に規定されているか
  2 真実と和解を追求する組織はどのように構成されるのか
三 真実和解委員会の活動
  1 証言聴取にともなう問題
  2 細分化された公聴会の設定と運営
  3 証言者および関係者の保護
  4 広報と報道——テレビ・新聞・(ローカル)ラジオとの関係
  5 NGOとの協力ネットワーク
  6 調査——とりわけ捜査・機密機関を調査することの困難について
    ◎事例2 最初期の調査——警察に対する
    ◎事例3 民間人による調査の困難——軍施設に対する
  7 記録と分析——収集された情報はどのように扱われるのか
  8 特赦の審議と決定
  9 補償政策の提案と勧告
四 他国の委員会との比較

第Ⅱ部 「和解」の射程
第三章 真実和解委員会の象徴的効果
一 和解という理念のリアリティ
二 キリスト教的偏向批判
三 スローガンと正当化
  1 理念・スローガンに着目するとは?
  2 TRC組織とその活動を正当化する言説
  3 理念の伏線(史的背景)
四 証言公聴会を支える「逸脱」——告白、嘆き、祝福、赦し
  1 告白
    ◎事例4 回心を思わせる告白——人権侵害公聴会
    ◎事例5 パフォーマティブな告白——特赦公聴会
  2 嘆き
    ◎事例6 夫を亡くしたマセコの証言——人権侵害公聴会
    ◎事例7 「アスカリ」の処分——人権侵害公聴会
  3 祝福
    ◎事例8 解放運動組織から排除された若者——人権侵害公聴会
    ◎事例9 公聴会を介した再会——人権侵害公聴会
    ◎事例10 祝福と歓喜——特赦公聴会
  4 赦し
    ◎事例11 赦しの言明と対他認識のすれ違い——特赦公聴会
    ◎事例12 ラプスリー牧師の赦し——人権侵害公聴会
    ◎事例13 聖ジェームズ教会虐殺事件の生存者と加害者が対面
五 法と宗教のあいだ
第四章 社会的な和解に関する解釈モデル
一 新たな視点の要請
二 意味付与回路の限定——メトニミー的なコミュニケーションの回避
    ◎事例14 実名を挙げての非難は排除される
  1 方法論としてのレトリック理解
  2 記憶の連鎖と和解
  3 和解の対象を同定しない用語法
三 対他意識の変容——逆説的な競合関係の創出
  1 和解の判定をめぐる袋小路
  2 社会的和解に関する社会学的解釈モデル
終章

あとがき

巻末資料
引用・参考文献
索引

プロフィール

阿部 利洋(あべ としひろ)
1973年生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。
日本学術振興会特別研究員を経て、現在、大谷大学文学部講師。
専攻は社会学。
訳書に、プリシラ・B・ヘイナー『語りえぬ真実——真実委員会の挑戦』(2006年、平凡社)。