東洋史研究叢刊之五十七
府兵制の研究

気賀澤 保規

A5上製函入・426頁・税込 16,848円
ISBN: 9784876985142
発行年月: 1999/02
在庫あり

内容

隨唐帝国の原動力=軍事力の柱となる府兵制については、多くの先行研究がある。しかしそれらの成果の系統的な統合兵士を基軸にすえた考察,時代の所産としての見通しなどの点で、府兵制の全容と本質はまだ明らかにされたとはいいがたい。本書は,こうした視点から過去の研究を批判的に検証し、西魏から唐に及ぶ府兵制の展開を試みた。