西洋古典叢書G036
食卓の賢人たち5

アテナイオス 柳沼重剛 訳

四六変上製・535頁・税込 4,320円 月報48
ISBN: 9784876981502
発行年月: 2004/03
在庫あり

内容

2世紀末ローマ。おなじみの博識な客人たちが、料理をはじめ、文学、音楽、生活における風習など、広範な領域にわたって、ありとあらゆる蘊蓄を披露した宴会もいよいよ大詰めを迎える。今回は、「一夫一婦、一夫多妻、側室」「遊女」「少年愛」、宴会での遊戯・歌などの話題。本邦初完訳。全一五巻・5冊の人名、出典索引を付す。

目次

第十三巻
一夫一婦、一夫多妻、側室/遊女/喜劇に出てくる人妻/女は戦争の原因である/エロス/少年愛/髭を生やすのと髭を剃るのと/美男美女を礼讃すること/ポルノグラフィア・娼婦/高級な遊女/他

第十四巻
笑わせ屋(道化)/ふざけ/駄洒落その他/笛/笛と竪琴の合奏/笛の曲の種類/さまざまな歌/ラプソドスなど/後れて来た客/音楽の功徳/踊りいろいろ/ふたたび音楽論議/音楽、昔と今/他

第十五巻
コッタボス/花冠/教訓詩人たちが語る冠用の花のカタログ/香油/喜劇に出てくる香油/香油の値段、香油の効果/花冠の由来にまつわるヤヌス神話/宴の終わり—神々に盃を献ずる/他

訳者あとがき
人名索引・出典索引

プロフィール

柳沼重剛(やぎぬま しげたけ)

筑波大学名誉教授
1926年 東京都生まれ
1949年 京都大学文学部卒業
筑波大学・大妻女子大学教授を経て1999年退職

主な著訳書
『ギリシア ローマ古代知識人群像』(岩波書店)
『西洋古典こぼればなし』(岩波書店)
『語学者の散歩道』(研究社出版)
プルタルコス『食卓歓談集』(岩波文庫)
アテナイオス『食卓の賢人たち』1〜4(京都大学学術出版会)
『トゥキュディデスの文体の研究』(岩波書店)