近世小説・営為と様式に関する私見

濱田 啓介 著

菊上製・455頁・税込 5,767円
ISBN: 9784876980086
発行年月: 1993/12
在庫なし

受賞

第16回 角川源義賞 受賞

内容

出版は、著者と書肆と読者との相互関係の上に成り立つひとつの社会である。出版販売を目的とした虚構作品は、いつ、誰によって開始されたか。近世小説史上の営為と様式について、仮名草子、浮世草子、読本、滑稽本、酒落本、人情本などの展開の中にそのナゾを探る。