西洋古典叢書L028
弁論家の教育4

クインティリアヌス/森谷宇一・戸高和弘・伊達立晶・吉田俊一郎 訳

四六変・上製・328頁・税込 3,672円 月報125
ISBN: 9784814000340
発行年月: 2016/12
在庫あり

内容

本分冊所収の第9巻では、弁論術の5部門のうち、第8巻から続く「措辞」のなかでも「文彩」と「配語法」が論じられる。第10巻には弁論家教育のための読書指南として、ギリシアのホメロスをはじめとする叙事・抒情詩人、悲・喜劇詩人、歴史家、弁論家、哲学者、およびローマのそれぞれやセネカらの著者に対するクインティリアヌスの概説的な批評が含まれている。本邦初完訳。(全5冊)

目次

第 九 巻
  第一章 文彩一般について
  第二章 考えの文彩
  第三章 言葉の文彩
  第四章 配語法

第 十 巻
  第一章 読むこと
  第二章 模倣
  第三章 書くこと
  第四章 修正
  第五章 作文練習の諸形式
  第六章 考えること

  第七章 即興

本書の梗概

固有名詞索引

プロフィール

森谷 宇一(もりたに ういち)
 大阪大学名誉教授
 1940年 京城生まれ
 1971年 東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学
 東北大学助教授、大阪大学助教授、教授を経て2004年退職
 主な著訳書
 『岩波講座 文学』第4巻(共著、岩波書店)
 『講座 美学』第1、4巻(共著、東京大学出版会)
 『芸術学フォーラム』第7巻(共編、勁草書房)
 『ヨーロッパ風景紀行(未完)』(大阪大学文学部文芸学研究室)
 クインティリアヌス『弁論家の教育1~3』(共訳、京都大学学術出版会)
戸高 和弘(とだか かずひろ)
 大阪大学非常勤講師
 1960年 福岡県生まれ
 1991年 大阪大学大学院人文科学研究科博士課程修了を経て現在に至る
 主な著訳書
 『芸術学フォーラム』第7巻(共著、勁草書房)
 『美の変貌―西洋美学史への展望』(共著、世界思想社)
 ディオニュシオス/デメトリオス『修辞学論集』(共訳、京都大学学術出版会)
 クインティリアヌス『弁論家の教育1~3』(共訳、京都大学学術出版会)
 ルキアノス『偽預言者アレクサンドロス―全集4』(共訳、京都大学学術出版会)
伊達 立晶(だて たつあき)
 同志社大学文学部教授
 1966年 大阪府生まれ
 2002年 大阪大学大学院文学研究科博士課程修了(文学博士)
 2014年 同志社大学文学部専任講師、准教授を経て現職
 主な著訳書
 『パサージュ文化論―「花・歌・人形」の開かれた文化研究』(共著、晃洋書房)
 クインティリアヌス『弁論家の教育1、2』(共訳、京都大学学術出版会)
吉田 俊一郎(よしだ しゅんいちろう)
 東京大学大学院人文社会系研究科助教
 1978年 東京都生まれ
 2010年 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学
 2013年 東京大学博士(文学)
 2014年 日本学術振興会特別研究員を経て現職
 主な著訳書
 『西洋古典学の明日へ』(共著、知泉書館)
 クインティリアヌス『弁論家の教育3』(共訳、京都大学学術出版会)