西洋古典叢書
モラリア4

プルタルコス/伊藤照夫 訳

四六変上製・400頁・税込 3,996円 月報133
ISBN: 9784814001705
発行年月: 2018/06
在庫あり

内容

本分冊には、ローマ人およびギリシア人の風俗・習慣の起源や名称の由来を探る「習俗問答」2篇、演示用弁論「ローマ人の運について」「アレクサンドロスの運または徳について」「アテナイ人の名声は戦争によるか知恵によるか」3篇に、『対比列伝』のパロディを思わせる「ギリシアとローマの対比史話集」の全6篇を収める。(全14冊)

目次

ローマ習俗問答
ギリシア習俗問答
ギリシア・ローマ対比史話集
ローマ人の運について
アレクサンドロスの運または徳について
 第一部
 第二部
アテナイ人の名声は戦争によるか知恵によるか
解説

プロフィール

伊藤照夫(いとう てるお)
京都産業大学名誉教授
1942年 長野県生まれ
1974年 京都大学大学院文学研究科博士課程修了
京都産業大学助教授、教授を経て2012年退職

主な著訳書
『ギリシア悲劇全集2』(共訳、岩波書店)
『ギリシア悲劇全集12』(共訳、岩波書店)
アラトス他『ギリシア教訓叙事詩集』(京都大学学術出版会)
プルタルコス『モラリア9』(京都大学学術出版会)
プルタルコス『モラリア10』(京都大学学術出版会)