ホーム > 書籍詳細ページ

プリミエ・コレクション 91

『ビートン社の家政書』とその時代

「しあわせのかたち」を求めて

妹島 治彦

A5上製・302頁

ISBN: 9784814001484

発行年月: 2018/03

  • 本体: 5,200円(税別)
  • 在庫あり
 
  • mixiチェック

プロフィール

妹島 治彦(せじま はるひこ)
京都大学博士(人間・環境学)
2016年、京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了
専攻はイギリス史、食文化(史)

主な著書に、「ドクター・ウィリアム・キッチナー」『異端者たちのイギリス』(志村真幸編、共和国、2016)

目次

口 絵
まえがき

第1章 『ビートン社の家政書』
  イザベラ・メアリー・ビートンの立場と書名について
  問題意識と課題
  伝記および先行研究
  『ビートン社の家政書』について
  本書の展開について
Column 1 『ビートン社の万物事典』
第2章 イザベラ・メアリー・ビートン
  イザベラ・メイソンとして
  父の死と母の再婚
  ドーリング家
  生い立ち
  イザベラとサミュエル ―結婚、出産、別れ―
  まとめ
Column 2 『ビートン社の万物事典』  静岡県立大学所蔵本と北海道大学所蔵本
第3章 サミュエル・オーチャート・ビートン
  祖父サミュエル・ビートン
  父サミュエル・パウエル・ビートン
  誕生から学校時代まで
  修行時代
  人脈形成 ―出版者サミュエル・ビートンの揺籃期―
  出版者としての船出 ―『アンクル・トムの小屋』出版―
  妻イザベラの死 ―出版者としてのその後―
  まとめ
Column 3 日本語に翻訳された『ビートン社の家政書』
第4章 『ビートン社の家政書』以前の料理書
 1.ドクター・ウィリアム・キッチナー『クックス・オラクル』
  先行研究と考察の目的
  父ウィリアム・キッチナー
  ドクター・ウィリアム・キッチナー
  座談会と美食委員会
  『クックス・オラクル』とその他の著作
  ドクター・キッチナーの「合理的美食」 ―グリモとの比較から―
  まとめ
 2.イライザ・アクトン『最新料理法』
  祖父ジョセフ・アクトン
  父母の世代のアクトン家
  イライザ・アクトン
  『最新料理法』初版
  『最新料理法』1855年版
  まとめ
Column 4 『伊呂波分 西洋人名字引』と吉田五十穂
第5章 伝統的家政書と『ビートン社の家政書』
  現代人にとっての家政
  伝統的家政書(家政学)
  『オイコノミコス(家政について)』
  『貴族の地方生活』(別名、『緻密なる農業』)(1682年)
  伝統的な家政学の崩壊
  『所有地耕作に関する小土地所有農民のための助言、付「ハウスホールドの書」』との比較
  『ビートン社の家政書』と伝統的家政書
  まとめ
Column 5 加藤十四朗『六大家演説軌範』 森斌『一覧博識 欧米百家随筆』『抱腹絶倒 西洋頓知機林』
第6章 「しあわせのかたち」
  社会的流動性の時代
  継承される「合理的美食」の理念
  料理書としての進化形 ―先行する料理書との比較から―
  『ビートン社の家政書』にみる編集妙味
  なぜ編集者なのか ―もうひとつの可能性―
  3つのビートンズ・ブック ―その関連性をさぐる―
  「ミセス・ビートン」の誕生
  「ビートン神話」の解体
  『ビートン社の家政書』の本質 ―「しあわせのかたち」を求めて―

あとがき
初出一覧
主要参考文献
図版出典一覧
索 引
このページの先頭へ