アルケー 2017
関西哲学会年報No.25

関西哲学会 編

A5並製・80頁・税込 2,160円
ISBN: 9784814001101
発行年月: 2017/06
在庫あり

目次

共同討議/現実性をめぐって
趣旨説明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中畑正志
現実性をめぐって・・・・・・・・・・・・・・・・・・上枝美典
──トマスの方から
現実性をめぐって・・・・・・・・・・・・・・・・・・上野 修
──スピノザの方から
-----------------------------------------------------------
ワークショップ報告
「種」とは何か・・・・・・・・・・・・・・・・・・・松田 毅
──生物学の哲学の現場から論じる
-----------------------------------------------------------
ショーペンハウアーにおける哲学の問いの変遷・・・・・太田匡洋
──内在的哲学における物自体の布置
道徳性の原理としての衝動・・・・・・・・・・・・・・櫻井真文
──特にフィヒテの『道徳論の体系』「第二部」に即して
偶然のなかの論理・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐野泰之
──メルロ=ポンティと言語変化の問題
A Common Faith はなぜそう呼ばれるか・・・・・・・・谷川嘉浩
──デューイ宗教論の共同性に関する研究
-----------------------------------------------------------
関西哲学会研究奨励賞第四回受賞者の報告